多重債務 相談事例(2)

Bさんは、保証人になっていた業者の倒産がきっかけで1000万円以上の借金。夜逃げや自殺も考えましたが、消費生活センターのアドバイスで弁護士に債務整理を依頼したところ、貸金業者の取り立てはすぐに止まりました。弁護士の勧めで自己破産し、借金の免責も取れ、悪夢のような借金生活から解放されました。
komatta


戻る