長時間居座られ、怖かった」後に残るのは大量のネーブル

静岡市の事例

 業者が突然来訪し、『1箱1万8千円でネーブルを買って』などとしつこく勧誘されたので、仕方なく購入した。契約書や領収書はなく、業者名も連絡先もわからない。どうしたらいいか。

●このような、ネーブルの訪問販売のトラブルが寄せられています。契約書や領収書などが渡されず、販売者の名前や連絡先がわからないため、クーリング・オフができずに被害の回復が困難です。

●被害者はいずれも高齢者です。

●値段をはっきりと言わずに後で伝えたり、傷んだりして味が悪い果物を買わせることもあるので、購入の返事をする前に値段や品質をよく確認し、必要が無ければきっぱり断ることが大切です。

●玄関のドアを開けたり、試食をしてしまうと、断りにくくなることがあるので、ドアを開ける前に訪問の目的を確認しましょう。
静岡市にお住いの方の相談窓口は、静岡市消費生活センター054-221-1056(専門の相談員による相談時間:平日9時~16時)